わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

リリィーララ物語(1)

『リリィーララさんのプロフィール(1)』   

 

さあ

お待たせしました。

 

わんちさんの妹さんである、

 

リリィーララさんの登場です。

 

私の物語の後半のお話に出てきた方です。

 

リリィさんって?

 

という方は↓の物語を読んでみて下さい。

おわりのはじまり⑮(天河までの流れ⑧) - わたしからあなたへ

 

あとがき(1) - わたしからあなたへ

 

物語の時点では、

 

私は直接リリィーさんと、

 

お会いした事はなかったのです。

 

私は2018年の4月に直接お会い出来ました。

 

しかも、

ご自宅で宿泊までさせてもらったという(笑)

 

私はリリィーさんにお会いする前、

 

なんだかドキドキワクワクしました。

 

一体どんなお方だろう。

 

きっと、

 

愛と厳しさが共存した人だろう。

 

それは、

 

電話の声。

 

言葉や雰囲気。

 

などによって想像が出来ました。

 

私のイメージは、

 

何故か盲目の女性であり、

 

静けさ漂う、

 

孤高の人・・・。

 

陰陽で言えば

 

陰。

 

静動で言えば

 

静。

 

妄想していました。

 

そして、

ついに出会う時が・・。

 

ご自宅に伺い、

 

わんちさんに案内され、

 

この扉を開けるとリリィーさんがいる。

 

さあ、ガチャリ。

 

え?

 

え?

 

目の前にいる女性が目に入った。

 

ニコニコ

 

陽!!

 

(静より動?)

 

愛!!

 

あれ、人違いかな。

 

年齢も伺っていたけど、10歳くらい若いぞ。

 

ニコニコ!!

 

自然体!!

 

「え?リリィーさん!?」

 

「リリィーさんなんですか?」

 

リリィーさん

「よく来たね~

    しんちゃ〜ん」

 

いきなり

 

愛情一杯でした。 

 

さて!

 

さてさて。

 

リリィーさんのプロフィールを、

 

まずは、

ホームページよりご紹介致します。

 リリィーララHPより引用 ↓

http://www.heart-island.info./lilylara/

約700年前、南北朝時代から続く家系で、

新しい日本を築くべく活躍した江戸幕末時代の誇り高き志士達を支えた伝説の人物の曾孫として生まれる。

なお、時代を変える歴史の舞台となり、

義烈と呼ばれた曾祖父の屋敷跡は、

今、維新歴史公園へと姿を変え訪れる人達に維新胎動への熱き思いを今もなお伝えている。

幼少期、自分には他の人と異なる感覚を持ち合わせている事に気付く。

成人前には、時と場所、時空を越えて、人や故人の思い、メッセージを感じ読み取る事が出来るという、

優れたレシーバーであり霊感を持つ霊媒体質の身である事を確信する。

国の公的機関の情報収集に約7年間携わり、その力を認められる。

 

世の中の流れが速すぎてうまく渡れない人、

迷い込んだ闇が深すぎてそこから一歩も踏み出せない人、

やりきれない悲しみと寂しさで何も見えない人、

そんな人達の暗い道に火を灯すかがり火の様に

あなたの心を少しでも照らせたら…、

そんな毎日を暮らしている。

リリィーララの日常にはスピリチュアルな不思議が溢れている。

奈良・吉野在住 1957年生まれ 女性

 

上記のプロフィールに、                  

新しい日本を築くべく活躍した、

江戸幕末時代の誇り高き志士達を支えた

伝説の人物の曾孫として生まれる。

 

とありますが、

 

伝説の人物と言うのは実は

 

鶴屋治兵衛という方です。

 

        つづく

 

物語の続きを読むにはをクリックして下さい

 

リリィーララ物語(2) - わたしからあなたへ

 

1つ前の物語を読むには↓をクリックして下さい。

 わんち物語(6)完 - わたしからあなたへ

 

「あなたへ」 

 

今日は土曜日。

 

久しぶりに、

朝の8時くらいまで眠れて幸せでした。

 

もう朝の光が室内に入っていました。

 

私は、ぼんやりとした頭のまま、

 

坐り、目を閉じました。

 

電車の音。

 

鳥の声。

 

子供達の声。

 

恐れ思考。

 

不安な未来。

 

為す事のない幸せ。

 

ただ、在る事の幸せ。

 

30分程度、沈黙の中で過ごしました。

 

最近は坐禅や瞑想の時間をとれておらず、

 

頭の中が騒がしいままでした。

 

さあ、

今日は午後から仕事です。

 

追われる事なく、

 

生きていきたい。

 

 さあ、今日も良い1日でありますように。

  

     に参加しています。

↑ ↓バナーでも押せます。)

大きな励みになります。

是非のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!!