わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

雨と蛍

f:id:sintamsc:20200613210249j:image

『令和2年の蛍』by s

 

雨が降りはじめた。

 

今日も次の日も。

 

そろそろ、あの季節。

 

 

『こんにちはホタルが少し飛ぶようになりました』

 

 

と、連絡を頂いた。

 

蛍で毎年お世話になってるOさんからだ。

 

ああ、そうかと、

 

俺は少し物思いにふけった。

 

今年で何回目だろう。

 

 

生々流転。

 

諸行無常。

 

その中でも変わらないものがある。

 

いや、そんなものはないか。

 

 

週末行けるだろうか。

 

2020年の6月。

 

紫陽花も咲きはじめている。

 

 

この年の事、忘れないだろう。

 

 

 

一日中雨が降っていた。

 

強い雨だった。

 

地面はぬかるんで、

 

小さな川の様な場所もある。

 

夕方。

 

長女が、強い雨の中、傘をさして、

 

外に歩き出していた。

 

私はその様子を二階の窓からぼんやりと見つめた。

 

長女は、空を見上げて、

 

傘を放り出した。

 

雨をシャワーの様に浴び気持ち良さそうな顔をした。

 

そして、何やら、

 

サンダルを脱ぎ始めた。

 

雨の水が溢れ出している場所に裸足なり、

 

水に足を浸けて、微笑みを浮かべた。

 

 

 

今日行けるかな?

 

雨は降ったり、止んだりした。

 

 

雨は止んでいたので、19時過ぎ出発。

 

山に向かって走る。

 

車内は冷房をかけないと蒸し暑い。

 

子供達は、もう眠そうだった。

 

 

 

途中、雨が降った。

 

今回は難しいかな。

 

 

目的地に到着。

 

小雨の降る中、歩いてみる。

 

 

いるかな?

 

 

f:id:sintamsc:20200613231025j:image

 

 

いた!

 

優しい黄緑の光。

 

f:id:sintamsc:20200613231109j:image

 

子供達も興奮の声をあげる。

 

 

蛍はそこまで多くはなかったが、

 

美しい光を見せてくれた。

 

蛍は、私と長女に青い光を揺らして、

 

とまってくれた。

 

f:id:sintamsc:20200613231344j:image

 

綺麗だね。

 

ちゃんと見たか?

 

今年の蛍。

 

未来という今を信じよう。