わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

王国会議

「創ろうぜ」

フリー写真 手で「LOVE」を作る四人の人物

「それぞれの力」bygahag

 

 

さあ、自由な世界を創れるとしたら、

 

どんな世界を創りたい?

 

どんな人々と生きていきたい?

 

どんな暮らしをしたい?

 

どんな場所で過ごしたい?

 

どんな気持ちで過ごしたい?

 

どんな事に夢中になりたい?

 

そこは何を大切にする場所?

 

何を信じて生きたい?

 

そこで何を与えたい?

 

そこで何を受け取りたい?

 

 

やるだけ、やってみよう。

 

笑っちゃうような境遇のままで。

 

力をあわせて。

 

進めるまで。

 

 

『あなたへ』

 

今日の夕方の蒸し暑さ。

 

すごかったですね。

 

あのベタつき。

 

まるで日本じゃないみたいでした。

 

床まで湿気でペタペタしてました。

 

わたしは、クーラーをつけたまま眠ると、

 

朝、身体が重くなってしまい、

 

起きるのがしんどくなってしまいますので、

 

扇風機をおやすみモードに設定して眠っています。

 

わたしにとって、

 

汗をかける事はありがたい事なのです。

 

昔は汗をかく事が出来ず、

 

熱が体内にこもってしまう時期もありました。

 

ですから、

 

暑い、暑いといって、汗をかける事が、

 

嬉しかったりもします。

 

昔、苦しかったおかげで、

 

こうして今、幸せを感じる事が出来ます。