わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

6月の終わり

「あなたへ」

f:id:sintamsc:20200629201254j:image

「木の中に住む いせ君」byF

 

 

いせ(犬)との散歩中、

 

風に乗ってクチナシの花の香りが流れてきました。

 

クチナシの花を見つけ、香りを嗅ぎました。

 

ああ、いい匂い。

 

これを一人ではもったいないと思い、

 

散歩中のイセの首輪を持って、

 

 

無理矢理か嗅がせました。

 

「何だよ~やめろよ~」

 

と非常に迷惑そうな顔でしたが、

 

一度嗅いだ後、

 

え!?

 

という顔をして、

 

二度目は猛烈に嗅いでました(笑)

 

 

先日、

 

寝る前に蚊との熾烈な戦いの話をしましたが、

 

その戦いにようやく決着がつきました。

f:id:sintamsc:20200629202850j:image

 

 

こいつ!!です!!

 

蚊帳です。

 

となりのトトロに出てくるやつです。

 

これは、今現在の住まいに引っ越した時、

 

あまりの蚊の多さに悩まされて、

 

数年前に購入したものです。

 

ここ数年タンスの中に封印されていたのですが、

 

先週の土曜日の深夜から夜が明けるまで、

 

蚊との死闘に心が折れて、

 

封印を解きました。

 

(しかし、網戸も締めて、

 

現代版蚊取り線香を2個も使用しているのに、

 

何故出てくるんだろうか・・・

 

部屋の何処かに穴が空いてるとしか考えられません。) 

 

 

おかげさまで、快適に眠る事が出来てます。

 

蚊帳の副作用として、

 

チビ達が蚊帳に異常な関心を示し、

 

ワラワラと日替わりで、

 

毎夜、我が寝床に訪問に来る事です(笑)

 

 

 さて、明日で6月が終わります。

 

 

あの日から、

 

ずいぶんと厳しい風が吹きました。

 

それでも負けずに生きてまいりました。

 

どうぞ、

 

新しい風は、

 

私達を支える風が吹きます様に。