わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

令和二年九月重陽の節句

菊, 花, 植物, マクロ, 塞ぎます, 自然, ブルーム, 複合, 観賞植物, フローラ, 色, 青

『菊の花』 by  Pixabay

 

重陽 - Wikipedia

重陽(ちょうよう)は、五節句の一つで、9月9日のこと。旧暦ではが咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれる。

陰陽思想では奇数は陽の数であり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていたが、九は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていた。後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである。

邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていた[1]。また前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があった。現在では、他の節句と比べてあまり実施されていない。

 

9月に入りましたね。

 

風が秋を運んでいます。

 

もう夜は冷やりとした風が吹きます。

 

 

9月。

 

8月頃に、

 

9月はきっと沢山の事が流れ出す月になると感じていました。

 

そして、今。その通りになっています。

 

今日は9月の9日。

 

重陽の節句の日です。

 

2016年に夢のお告げがあった神社に、

 

向かった時、

 

神社では重陽の節句祭が行われていました。

 

 

9月。

 

なっちゃんとお別れした月です。

 

9月。

 

私の誕生日がある月です。

 

 

数日前、なっちゃんに会いに行きました。

 

お花をもって。

 

もう4年の月日が流れたね。

 

黄色のボールをありがとう。

 

子供達は大切にしてるよ。

 

 

その4年間。

 

本当にいろいろあったよ。

 

 

あの時の気持ち。

 

教えてくれてありがとう。

 

なっちゃんのお母さんありがとう。

 

約束が守れそうだよ。

 

もうじき。

 

必ず約束を果たすから。

 

待ってて。

 

 

去年の誕生日から、

 

私の生活は一変したね。

 

仕事に家族。

 

 

生活の根幹が崩壊して、

 

どん底を味わい、

 

8か月近く生きる屍だったなあ。

 

でも、仲間が助けてくれたな。

 

心より感謝する。

 

そして、

 

私はようやく立ち上がり、

 

走り出しました。

 

 

令和2年の9月9日。

 

王国の第一歩をすすめたよ。

 

f:id:sintamsc:20200909232246j:image