わたしからあなたへ

「ブログかけ!」というお言葉を頂きましたので、恐れ多くも挑戦中です。私に起きた不思議な物語の第1章を無事書き終える事が出来ました。しかし不思議な流れは力強く私を運び続けています。「あなた」が目に映る世界が苦しいと感じるのであれば、その心を「ほんの少し温める」一助になれば幸いです。泣いて笑って共に世界を味わいましょう。

あの時。それは今日の事。

決めるって、難しい。 選ぶって、難しい。 決めた事を行動に移すって、もっと難しい。 全然、選べず、揺れ続けた日々。 ずっと葛藤してた日々。 自分の心の声なんて、よく分からなかった。 今は崖から飛んだだけ。 落ちて骨折では済まないかもな。 10年後、…

節を分けて、立春へ

一生に一度の本厄。 それにふさわしい状況。 しかし、 災いなんかではないと感じてる。 これは再誕だ。 役年。 躍年。 去年の始まりを思い出す。 それは想像を越えてるじゃないか。 どんなに過酷に想えても、 本当は護られ、 与えられっぱなし。 優しさをあ…

人間到る処青山あり

「新しい希望」byS 悔いはない。 そうなるべくして、 それはそうなった。 心から感謝を。 結局、 感謝が溢れるだけ。 人間到る処青山あり 世の中のどこで死んでも、骨を埋める場所ぐらいはある。故郷だけが墳墓の地ではないのだから、大望を達するために…

混沌の日々③

「ゼロに」 「ひかり」byaichan 今まで何も心配した事のない、 この確固たる足場が崩壊してゆきます。 あれだけの気持ちを、 あれだけの行動を、 あれだけの時間を、 私の命を賭けたモノ達。 それが破壊され崩壊しています。 どうやら、私はゼロになる必要…

混沌の日々②

「恐れ」 「ひかり」byaichan 恐れという気持ちをずっと抱いている気がします。 「恐れ」というフィルターを通して、 この世界を眺めますから、 世界は怖いものになって当然でしょう。 私は時折、 「どうしてこんなにも自分は恐れていたいのだろう?」 何…

混沌の日々①

「ひかり」byaichan 言葉を紡ごうとしては、 その言葉を消してゆく日々が随分と続きました。 今も何度か書いては消して、 言葉を紡ごうとしています。 言葉が生まれないのは、 情けない自分を晒したくないからでしょう。 情けない自分を自分でも受け止めら…

令和2年

「令和2年1月1日」byS 新年がスタートしています。 あけましておめでとうございます。 というのは、もう遅い・・・ 令和2年。 2020年という年はすでに始まっています。 生きている事に、 1日を生きる事が精一杯の今の私の姿を、 1年後の私が笑ってく…

令和元年大晦日

「大晦日の江ノ島」bys さあ、大晦日ですね。 格闘技番組を見ながら書いてますので、 心は落ち着きません。 今日は久しぶりに江ノ島に行ってきました。 車で30分あれば、到着します。 風は強かったですが、とても暖かい日でした。 神社に行く様になったの…

決めているのか。

実家に帰省しています。 海が綺麗でした。 遠くに見える富士山の雪化粧も美しかった。 みんなで、シーストーンを拾いました。 この数十年間、 年末年始はこのパターンを繰り返してます。 その度に両親に猛烈にお世話になってます。 しかし、 近い将来そのパ…

自由という事②

「世界」bys この世界。 あらゆる色、 あらゆる形、 あらゆる情報、 あらゆる言葉、 あらゆる行動、 に溢れています。 人が創り上げた道徳や、 信念体系におさまるはずがありません。 あれは駄目! これは駄目! なぜ? 信じられない! 許せない! といく…